対応可能な手術(白内障・緑内障・硝子体手術)

093-383-0365 WEB予約

主な手術

Surgery

白内障手術

Cataract surgery

白内障とは

白内障とは、水晶体が濁ることにより物が見えにくくなる病気です。
水晶体とは、眼の中でカメラのレンズのような働きをする組織で、外からの光を集めてピントを合わせる働きを持っています。水晶体は通常が透明な組織ですが、白内障が進行すると集めた光がうまく眼の奥の光を感じる網膜に届かなくなり、また、濁った水晶体で光が散乱することによってかすむ、まぶしい、物が二重に見える、などの症状が出現し、進行すれば視力が低下し、眼鏡でも矯正できなくなります。

白内障とは

白内障の原因

白内障は多くは年齢に伴って進行する加齢性の白内障であり、程度の差はありますが60歳を超えた方はどなたでも白内障が出てきます。
白内障は若年者にも起こることがあり、眼の外傷、アトピー性皮膚炎、糖尿病、眼の中の炎症、ステロイドなどの薬剤、などが原因となります。

見えにくさの症状が強くなってくれば手術を検討して参りますが、生活スタイルや目の状態などによって手術に最適な時期が個々人によって異なりますので、眼の状態を検査・診察し、お話させていただいた上で、おひとりおひとりに手術に適した時期をご提案いたします。

白内障手術の方法

Flow

  1. 点眼にて局所麻酔を行い、水晶体を包んでいる袋を切開します。
  2. 濁った水晶体の中身を超音波で砕いて取り除きます。
  3. 眼内レンズを折りたたんで水晶体の袋の中に入れます。
  4. 創口は縫合することなく自己閉鎖します。
白内障手術

白内障手術を受けられる方へ

  • 当クリニックの手術はすべて日帰りとなります。
  • 初診を含めて手術日までに2〜3回程、お越し頂き準備を進めていきます。
  • 手術日はできるだけお付き添いの方とおいでください。
  • 抗凝固剤服用中、透析中の方でも治療を中断せず手術が可能です。
  • 通常の眼内レンズの他、遠近両用多焦点眼内レンズ・乱視矯正用眼内レンズも患者さんの状態に応じて対応可能です。

手術を受けていただいた患者さん全員に喜多眼科緊急用携帯電話番号をお知らせしております。
帰宅後、不安なことがあった場合は遠慮なくお電話ください。いつでも対応させていただきます。

硝子体 (しょうしたい) 手術

Vitreous surgery

硝子体と網膜の病気

硝子体は、水晶体(眼のレンズ)の後方から網膜に達するまでの眼球の大部分を占めている、透明なゼリー状の組織です。
硝子体が様々な原因で網膜を引っ張ったり、出血などにより濁ったりすることで目の障害を引き起こします。

硝子体と網膜の病気

硝子体手術とは

この硝子体およびその奥の網膜に起こった疾患を治療する目的で、白目の部分に3〜4カ所
小さな穴を開け、そこから細い器具を眼内に挿入し、眼の中の出血や濁りを硝子体と共に取り除き、網膜にできた増殖膜や網膜裂孔を治し網膜の機能を回復させる手術を網膜硝子体手術といいます。

現在では手術機械の発達や手術技術の進歩により手術可能となる疾患も増え比較的安全に手術ができるようになりました。
当院では十分な経験と大学病院や総合病院に並ぶ充実した医療設備を整え、安全な日帰り硝子体手術を行います。

手術方法

Surgery

眼の奥の方に麻酔をして局所麻酔で行います。それでも痛みに過敏な方には、術中に適宜に麻酔を追加することでほとんどの痛みを取り除くことが可能です。

1

まず白目の部分に手術機器を挿入する小さな穴を3〜4か所あけます。

それぞれの穴は術中に眼球の形態を保つための灌流液、眼内を照らす照明、硝子体を切除するカッターと呼ばれる器具やピンセットなどのセッシやレーザー照射器具を入れるために用います。

2

濁った硝子体を切除し、網膜に張った膜を取り除きます。

出血などで濁った硝子体をカッターで切除し、切除した分量だけ眼内に灌流液が入り置き換わっていきます。その後は疾患により、網膜上に張った膜をピンセットのような器具で剥がしたり、増殖膜と呼ばれる分厚い膜をハサミで切り取ったり、網膜にレーザーを照射したりと必要に応じて処置を行います。

3

網膜剥離や黄斑円孔などの疾患は、眼の中を空気やガスに入れ換えて手術を終えます。

剥がれた網膜を元の場所にしっかりくっ付けたり、空いた穴を閉じさせたりする目的で手術の最後に眼の中にガスを注入します。ガスを注入した患者さんは術後うつむき姿勢が必要になります。 網膜剥離の場合は術後3時間、黄斑円孔の場合は術後1日のうつ伏せ姿勢の保持をお願いしています。これ以外に、白内障に罹っている患者さんは白内障手術も同時に行うことがあります。

硝子体手術の注意事項

  • 内科疾患のある方は、手術前に主治医に確認しますのでお薬手帳をお持ちください。
  • 手術時間は疾患によりますが、軽症なら1時間弱、重症の場合は2時間かかります。
  • 硝子体手術と同時に白内障手術が必要な方は、白内障術前検査を行います。
  • ここ数年来の手術の進歩によって、ほとんどの疾患は短時間の手術で日帰り手術が可能となりましたが、全身状態が不良などを理由に入院を強くご希望の患者さんには連携の医療機関をご紹介いたします。
  • 手術内容や術後視力は、患者様の病気の状態によってさまざまです。手術前に主治医から詳しく説明させて頂きますのでご安心下さい。術後の視力は、手術前の病気の状態によって大きな差があります。手術が必要となったら、視力の回復のために、時機を逃さず、なるべく早い段階で手術を受けることが大切です。

硝子体手術によって改善が期待できる疾患

Recovery

糖尿病網膜症

糖尿病の合併症の一つで網膜の毛細血管が閉塞して血のめぐりが悪くなり、硝子体の出血や黄斑部の浮腫、さらに進行すると牽引性の網膜剥離を引き起して視力が低下します。

裂孔原性網膜剥離

硝子体の奥には網膜というカメラのフィルムに相当する神経の組織があります。年齢に伴う硝子体の牽引などが原因で網膜に穴が開き、その穴から網膜の裏に眼の中の水が回り込むことで網膜が剥がれてしまい、視野と視力障害を引き起こす病気です。できる限り早期の手術が必要となります。

黄斑前膜 (黄斑上膜)

年齢に伴い眼の奥の網膜の前(上)に膜が張る病気です。膜が網膜を引っ張ることで網膜が腫れることによってものがゆがんで見えたり、大きさが違って見えたり、やがては視力が低下してくる病気です。

黄斑円孔

硝子体の加齢に伴う変化により眼底の中心にある黄斑部を強く牽引することによって網膜に穴があく病気です。 黄斑部は網膜の中心に位置する物を見るための中心部分のため、黄斑円孔になると視野の真ん中が見えにくくなり視力が低下します。以前は治療法がない病気でしたが、硝子体手術の進歩で今ではほとんど円孔が閉鎖するようになりました。

硝子体出血

網膜の血管などが切れて出血し、眼内に出血が溜まった状態を硝子体出血と言います。 出血により外からの光が網膜までうまく届かないため、見えにくくなります。進行した糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、裂孔原性網膜剥離、加齢黄斑変性などが原因となって引き起こされます。

その他

増殖硝子体網膜症、網膜中心静脈閉塞症、網膜静脈分枝閉塞症、網膜下出血、硝子体混濁など

緑内障手術

Glaucoma surgery

緑内障とは

緑内障は中高年に多くみられる病気の一つで、眼の中の圧(眼圧)が高い、もしくは眼圧が正常であっても眼圧に対して眼が弱い場合に、目から入ってきた情報を脳に伝達する視神経が障害されることで視野(見える範囲)が狭くなる病気です。

緑内障とは

緑内障の驚異

わが国における緑内障の有病率は、40歳以上で5.0%と言われています。
つまり40歳以上の20人に1人の方が罹患しているという計算になります。
しかしながらそのうち治療をきちんと受けられている方の割合はわずかで、約9割以上のかたは未治療であるともいわれています。

緑内障による視野障害の進行は非常に緩やかであり、通常は両眼で見ているため、病気がかなり進行するまで自覚症状はほとんどありません。緑内障による視野障害は進行性であり、非可逆性(一旦悪くなると元に戻らない)であるため、早期に発見し、治療を開始し、その治療を生涯にわたり継続することが重要になります。
このような背景から現在緑内障はわが国における身体障害者認定原因疾患の第1位となっていますが、早期に適切な治療を開始し、継続できれば失明を避けられる可能性が十分にある病気です。

緑内障の治療

緑内障に対する唯一の治療は視野障害が進まない程度まで眼圧を下げることであり、まずは点眼での治療が基本となります。
眼圧を下げる点眼を毎日していただき、1か月〜3か月ごとの診察、半年〜一年ごとに視野検査をして視野障害の進行がないか確かめていきます。
点眼で十分に眼圧が下がらず、視野障害が進行する場合は眼圧を下げる手術を行います。

緑内障手術

Glaucoma

緑内障手術の目的は眼圧を下げることです。それまでに欠けた視野は残念ながら戻ることはありません。それゆえに点眼治療のみでは視野障害が進行してしまう場合には早期に手術を検討する必要があります。
緑内障手術には大きく3つの方法があります。

線維柱帯切開術
線維柱帯切除術
iStentを用いた眼内ドレーン挿入術(白内障手術と併施)

いずれも当院で対応可能な手術で、その方の眼圧、視野の進行の程度などに応じてこれらの中から最適と思われる術式を選択していきます。

その他の手術

レーザー治療

Laser treatment

網膜光凝固術

  • 糖尿病網膜症
  • 網膜裂孔、網膜剥離
  • 網膜静脈分枝閉塞症・網膜中心静脈閉塞症

YAGレーザーによる後発白内障手術

硝子体注射

Vitreous injection

硝子体内注射とは

硝子体内注射とは、加齢黄斑変性糖尿病黄斑浮腫網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫などの病気の治療で行う眼の中に薬(抗VEGF薬)を注入する治療です。

適応疾患

  • 加齢黄斑変性
  • 糖尿病黄斑浮腫
  • 網膜静脈分枝閉塞症、網膜中心静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫
  • 近視性脈絡膜新生血管