当院で治療可能な目の病気

093-383-0365 WEB予約

当院で治療可能な目の病気

Symptom

どのようなことで
お困りですか?

Symptom

当院では手術治療だけではなくありとあらゆる眼の病気に対する治療を行なっております。
下記以外のことでも目に関してお困りのことがございましたらどんなことでもお気軽にご相談ください。

霞んで見える、遠くにいる人の顔が判別できない

霞んで見える、
遠くにいる人の顔が
判別できない

眩しく見える

眩しく見える

ものが歪んで見える 中心が見えにくい

ものが歪んで見える
中心が見えにくい

視野が欠ける、狭くなったような気がする

視野が欠ける、狭く
なったような気がする

白目が赤い

白目が赤い

突然真っ暗になった

突然真っ暗になった

コンタクトレンズを作りたい

コンタクトレンズを
作りたい

前眼部疾患(まぶた、角膜、結膜)

Anterior eye disease

ドライアイ

涙の分泌量が減ったり、量は十分でも涙の質が低下することによって、目の表面を潤す力が低下した状態をドライアイと呼びます。
現在、日本では約800~2,200万人ものドライアイの患者さんがいるといわれ、オフィスワーカーにおいては3人に1人がドライアイという報告もあり年々増加傾向にあります。

症状

目の乾燥感だけでなく、異物感・目の痛み・まぶしさ・目の疲れなど、多彩な慢性の目の不快感を生じます。目を使い続けることによる視力の低下も起こります。

治療

(1)点眼薬
症状が軽い場合は、潤いを持たせる点眼薬で緩和させることができます。人工涙液、ヒアルロン酸製剤、ムチンや水分を分泌促進する点眼薬(ジクアホソルナトリウム)、ムチンを産生する点眼薬(レパミピド)が用いられます。

(2)悪化要因の除去
長時間のVDT作業や運転では、瞬きの回数が減るのでドライアイ症状を悪化させます。適度の休みを取ることが目の健康に重要です。また、涙の状態を悪くさせる内服薬、コンタクトレンズ装用などを減らすことも一つの手です。

(3)涙点プラグ
涙の出口である涙点に栓(涙点プラグ)をして、涙の生理的な排出を人為的に遮断するような治療を行うこともあります。プラグの大きさや材質など、いろいろなものが開発されています。

(4)その他
目の保湿を図るために、加湿器を用いたり、エアコンの設定を変えるなども有効です。市販のドライアイ専用眼鏡の使用や眼鏡の周りに覆いを付けることも目の周りの湿度を上げるのに有効です。また、目を温めることも目の疲れをとることに有効だといわれています。

結膜炎

結膜炎とは、結膜が赤く充血して炎症を起こす病気です。
結膜炎は、白目(しろめ)とまぶたの裏側を覆っている半透明な膜(結膜)が、赤く充血して炎症を起す病気です。感染で起こる細菌性結膜炎、ウィルス性結膜炎、アレルギーで起こるアレルギー性結膜炎などさまざまな種類があります。

細菌性結膜炎

症状

粘く黄みがかった目やにが多く出て、白目が充血します。

原因

黄色ぶどう球菌、表皮ぶどう球菌など、おもに身のまわりに存在している細菌に感染して起こります。

治療

抗生物質の点眼薬をきちんと使用すると数日で治ります。

感染の恐れ

うつることはまれですが、体力の落ちている方や乳幼児がいるご家庭では注意しましょう。

流行性角結膜炎

アデノウィルス、エンテロウィルスなどのウィルス感染で起こり、さまざまな種類の結膜炎があります。潜伏期が約一週間あり、感染してから1週間遅れて症状があらわれます。 突然、目に何か入っているかのようにコロコロしたり、充血、まぶたの腫れ、たくさんの目やにや涙が出ます。10日ほどしてから角膜に炎症が起こり、目がかすむこともあります。

ウィルスに有効な点眼薬はありませんが、ウィルスで弱った目に、細菌など他のものの感染を二重に起こさないように、抗生物質と抗炎症薬の点眼を使用します。治るのに1~3週間かかります。また、他人にうつさないように注意をしてください。
角膜炎が起こった場合は、数ヵ月にわたってその痕が残ることがありますので、十分に治るまで眼科検診を受けて下さい。
伝染力が非常に強いので注意が必要です。

他の人にうつさないために

ウィルス性結膜炎は一般に伝染力が強くうつりやすいので、以下のことに注意してください。

  • 手を流水や石けんでよく洗ってください。
  • タオルや洗面用具は他の人と別にしてください。
  • 人の使用している目薬を使ったり、手で目をこすったりしないでください。
  • 学校、幼稚園、保育園は医師の許可があるまで休む必要があります。
  • 人混みはさけてください。

アレルギー性結膜炎

「アレルギー」とは、ある特定の物質に対して過敏に身体が反応することをいい、原因となる物質が結膜に入ると、かゆみや充血が起こってきます。
最近の報告によると、日本では全人口の約15~20%がアレルギー性結膜炎を有していると推定されています。
アレルギー性結膜炎は一年を通して起こる場合と(通年性)、ある季節にだけ起こる場合(季節性)があります。
目やまぶたがかゆくなり、充血と白っぽい目やにが出ます。

原因

通年性の原因で多いのはダニやカビ、ハウスダストです。最近ではコンタクトレンズ装用者にも増えてきています。また季節性の原因の代表はスギなどによる花粉です。

治療

まず、かゆみの元となるヒスタミンという物質を出しにくくさせる抗アレルギー点眼薬を用います。
強い症状がある場合、さらにステロイド点眼薬を使用しますが、ステロイド薬には緑内障や白内障を誘発するなどの副作用があるため、経過観察をおこないながら使用します。
毎年起こる結膜炎であれば、抗アレルギー点眼薬をその時期の数週間前より使用しておくと効果的です。
いずれにしても、花粉などアレルギーの原因をできるだけ寄せ付けないような予防策をとることが大切です。

アレルギー反応を起こさないように

清潔なコンタクトレンズを使用しましょう
レンズに付着した汚れが原因となってアレルギー性結膜炎を引き起すことがあります。その状態でコンタクトレンズを装用するとさらに症状がひどくなります。コンタクトレンズは正しい洗浄をおこない、常に清潔な状態で使用することが大切です。

結膜下出血

結膜下出血とは、結膜下の小さい血管が破れて出血したもので、白目部分がべったりと赤く染まります。
多少、目がごろごろしますが、痛みなどはありません。

原因

原因はさまざまで、くしゃみ・せき、過飲酒、月経、水中メガネの絞め過ぎなどでも出血します。結膜下の出血では、眼球内部に血液が入ることはなく視力の低下の心配もありません。
出血は、1~2週間ほどで自然に吸収されることが多いのですが、強いものでは2~3カ月ぐらいかかります。いずれにしても自然に吸収されますので、ほとんどの場合心配はいりません。

麦粒腫

俗に「ものもらい」と呼ばれる病気で、原因は細菌感染によるものです。
汗を出す腺や、まつげの毛根に感染した場合を外麦粒腫、マイボーム腺の感染を内麦粒腫と呼びます。

症状

初めはまぶたに局所的な赤みが出現し、しばしば軽度の痛みや痒みを伴います。
炎症が強くなってくると、赤み・腫れ・痛みが強くなります。化膿が進むと、腫れた部分が自然に破れて膿が出ることがあります。膿が出てしまえば、その後症状は回復に向かいます。

治療

治療としては抗生物質の点眼や内服を行います。化膿が進んだ場合は切開して膿を出すこともあります。
汚い手で目をこすったりしないよう注意が必要です。

霰粒腫

眼瞼(まぶた)にあるマイボーム腺の出口がつまって慢性的な炎症が起きる結果、肉芽腫という塊ができる病気です。麦粒腫と異なり、細菌感染を伴わない無菌性の炎症です。

症状

症状は眼瞼の腫れや異物感です。典型例では痛みも赤みもなく、眼瞼にコロコロとしたできもの(腫瘤)を触れます。炎症を伴った場合は麦粒腫と似た症状が出ることがあり、これを急性霰粒腫と呼びます。

治療

腫瘤が小さければ自然に吸収されることもありますが、大きい場合は副腎皮質ステロイド薬を腫瘤に注射したり、手術で摘出したりする必要があります。急性霰粒腫に対しては、まず抗生物質などで消炎をはかります。高齢者では悪性腫瘍との鑑別が必要であることもあり、注意が必要です。

角膜びらん

角膜は、眼球の最表層にある薄い膜で、上から、角膜上皮、ボーマン膜、角膜実質、デスメ膜、角膜内皮の5層から成り立ちます。角膜びらんとは、角膜の上皮が部分的に剥がれてしまっている状態をさします。

症状

角膜びらんが生じると、目の痛みや充血、ゴロゴロ感、まぶしさを感じる、涙が止まらないなどの症状が見られます。

原因

ドライアイ、コンタクトレンズ(コンタクトレンズをつけたまま眠ったり、付着物のついたコンタクトレンズを使い続ける)、外傷(眼をこすったり、異物が入ったりした場合など)、逆まつげなどが原因として挙げられます。
顔面神経麻痺でまぶたが閉じにくく、眼の表面が乾燥しやすい方にも起こることがあります。

治療

角膜びらんに対しては一般的にヒアルロン酸点眼や感染を予防する目的で抗生物質の点眼で治療を行います。痛みの症状が強い場合は軟膏を眼の中に入れることもあります。

角膜潰瘍

角膜表面の上皮だけでなく、その奥の実質にも濁ったり薄くなったりという影響が及ぶものを角膜潰瘍といいます。治った後も視力障害が残ることも多く、角膜に孔が開いてしまうと失明に至ることもまれにあります。

原因

原因は外傷やヘルペス、細菌、真菌(カビ)、アメーバなどによる感染が主たるものです。このほかに、免疫反応の異常による場合、酸やアルカリが目に入って起こる場合、また糖尿病の合併症で知覚神経が障害されて起こることもあります。

症状

眼球結膜の充血、痛み、目の異物感、流涙、眼脂の増加、視力低下などが主な症状です。

治療

検査は感染が疑われる場合は、角膜の悪い部分を削ってそこに細菌やヘルペスウイルスがいないかどうかを調べます。感染が原因となっているときは、その微生物を特定したうえで、点眼、眼軟膏、内服などの方法で薬剤を投与します。感染でないときは、抗炎症薬の投与、眼軟膏を入れての角膜上皮の治療促進、治療用コンタクトレンズの装用などの方法がとられます。
こうした治療で治らなかったり角膜穿孔を起こしたりしているとき、また濁りが強く視力がうまく回復しない場合は、角膜移植を行う場合もあります。

網膜硝子体疾患

Retinal vitreous disease

糖尿病網膜症、糖尿病黄斑浮腫

糖尿病の合併症として網膜の血管に起こってくる病気で、長年に渡って(最低3から5年)眼の奥の網膜の血管が血糖の高い状態にさらされることによって徐々に血管が障害を受けていきます。糖尿病網膜症は国内で中途失明の第2位の原因であり、糖尿病人口の増加に伴い非常に重要な病気です。

糖尿病網膜症は進行の度合いにより以下のように分類されます。

増殖前糖尿病網膜症

網膜の微小血管が閉塞してくるのがこの時期です。この段階でも症状がない場合が多いですが、この段階では血流の悪くなった網膜を焼きつぶす網膜光凝固が必要となります。適切な時期に網膜光凝固の治療ができなければ次の増殖糖尿病網膜症へと進行してしまいます。

増殖糖尿病網膜症

最も進行した状態で、字のごとく眼の中で様々なものが増殖してきます。

まず一つは悪い血管(新生血管)。新生血管はもろく出血しやすいため、突然高度の視力障害ときたす硝子体出血を引き起こします。また、血管が眼の中の水の通り道(線維柱帯)を塞ぐように発生してしまうと、目の中の圧(眼圧)が上昇し、緑内障(血管新生緑内障)になり失明に至ることもあります。
もう一つは目の中でかさぶたのような膜(増殖膜)が発生します。増殖膜は収縮し網膜を引っ張り上げることによって網膜剥離を引き起こし(牽引性網膜剥離)、著しい視力低下の原因となります。

自然と軽快しない硝子体出血や、牽引性網膜剥離に対しては硝子体手術を行いますが、視力の予後が不良である場合も多い病気です。だからこそこの時期まで病気を進ませないように早い段階から定期的な受診を怠らないこと、血糖コントロールを良好にすることが何より重要です。

糖尿病黄斑浮腫

糖尿病が原因で視力に重要な網膜の中心である黄斑部が浮腫を起こし視力が低下する状態です。 糖尿病により網膜の血管が障害を受け血管からの水漏れが多くなり(血管透過性亢進)その血管内から漏れ出た水分が網膜内に貯留することにより起こります。上記の単純、増殖前、増殖のいずれの段階にも合併しますが、その進行に伴う合併ヒントも増加することが知られています。
単純網膜症では5%程度、増殖網膜症では70%程度の方に合併すると言われています。
近年では糖尿病黄斑浮腫に対しては抗VEGF薬の注射が第一選択となっていますが、そのほかにもステロイド薬の注射、網膜光凝固、硝子体手術が選択される場合もあり、その方に応じた治療を相談しながら決めていきます。

網膜裂孔、裂孔原性網膜剥離

硝子体の奥には網膜というカメラのフィルムに相当する神経の組織があります。年齢に伴う硝子体の牽引などが原因で網膜に穴が開き、その穴から網膜の裏に眼の中の水が回り込むことで網膜が剥がれてしまい、視野と視力障害を引き起こす病気です。できる限り早期の手術が必要となります。
穴が空いているだけで網膜が剥がれていない状態(網膜裂孔)で見つかれば穴(裂孔)の周囲をレーザーで焼き付ける(網膜光凝固術)ことで網膜剥離へと進展するのを防ぐことができます。

網膜前膜(黄斑上膜)

年齢に伴い眼の奥の網膜の前(上)に膜が張る病気です。網膜の病気の中では頻度が高い病気で初期には症状がないことも多い病気です。膜が網膜を引っ張ることで網膜が腫れることによってものがゆがんで見えたり、大きさが違って見えたり、やがては視力が低下してくる病気です。薬で改善することはできませんので、見え方に影響するほど進行した場合は硝子体手術による治療を行います。

黄斑円孔

硝子体の加齢に伴う変化により眼底の中心にある黄斑部を強く牽引することによって網膜に穴があく病気です。
黄斑部は網膜の中心に位置する物を見るための中心部分のため、黄斑円孔になると視野の真ん中が見えにくくなり視力が低下します。
以前は治療法がない病気でしたが、硝子体手術の進歩で今ではほとんどの円孔が閉鎖するようになりました。

網膜静脈閉塞症

網膜の静脈が閉塞する病気で、閉塞する部位により網膜静脈分枝閉塞症、網膜中心静脈閉塞症に分かれます。
加齢、高血圧、糖尿病などによる動脈硬化が原因となります。
硬くなった動脈が静脈を圧迫し、その部位に血栓が形成されることにより静脈が閉塞すると言われています。歪んで見える、視野が欠ける、視力が低下するといった症状が現れます。
閉塞した血管を根本的に治す治療法はありませんが、血流の悪い状態を放置するとしばらくして悪い血管(新生血管)が発生し、大きな出血(硝子体出血)を引き起こすことがあるため、血流が悪い部分をレーザーで焼きつぶす(網膜光凝固)治療が必要となる場合があります。
また、静脈閉塞に伴って血管からの水漏れが起こることによって視力に重要な網膜の中心が腫れる(黄斑浮腫)場合、それに対して抗VEGF薬を眼内に注射する治療も積極的に行われるようになっています。

飛蚊症(後部硝子体剥離)

視野の中に黒い点や線、輪っかなどが見える症状のことを飛蚊症と言います。
その多くは年齢に伴って起こる特に病気ではない後部硝子体剥離という生理的な変化によるものです。目の中には硝子体というゼリー状の物質が詰まっており、もともとは網膜とくっついて存在しています。後部硝子体剥離とは、硝子体は年齢に伴って徐々に液化し、網膜の壁から剥がれる変化のことをいいます。
多くは50代から60代、近視が強い方はそれよりも早く起こることも珍しくありません。その際に小さな濁りが目の中にでき、それを光を通してみると黒い点や線のように見えるということなのです。
しかし、飛蚊症は網膜裂孔、裂孔原性網膜剥離、ぶどう膜炎といった早急に治療を要する病気の際にも起こることがあるため、症状に急な変化があった場合は早めの眼底検査をお勧めします。

網膜色素変性

年齢に伴い進行性に網膜が変性し、徐々に視野が狭くなり、最終的には失明にまで至ることも多い病気です。いくつかの遺伝子異常に伴う起こる病気と言われており、遺伝性がある場合もありますが、遺伝性のない孤発例も多く見られます。
近年では遺伝子治療などが試みられていますが、残念ながら現時点で有効な治療法はありません。しかし、黄斑浮腫や白内障を合併することが多く、そのような合併症に対して治療を行うことがあります。
また、特に進行した方に対しては暗所での見え方を補助する特殊な眼鏡も開発されていますので、ご希望の方はご相談ください。

網膜動脈閉塞症

網膜の動脈が閉塞する病気で、網膜動脈の根元が閉塞する網膜中心動脈閉塞症の場合、突然の、高度な視力障害(真っ暗になる)をきたします。
原因の多くは頸動脈にできた血栓の一部が細い眼の動脈に飛んで閉塞させることにより起こると言われています。治療として以前は血栓溶解剤の点滴や眼の中の水を抜いて眼圧を下げる前房穿刺などが行われていましたが、現在ではその有効性はほぼ否定されており、現時点で有効な治療はありません。
中には自然と閉塞した動脈が再疎通して視力が回復する場合もありますが、視力の予後は不良であることが多い病気です。

硝子体出血

網膜の血管などが切れて出血し、眼内に出血が溜まった状態を硝子体出血と言います。 出血により外からの光が網膜までうまく届かないため、見えにくくなります。

原因

糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、裂孔原性網膜剥離、加齢黄斑変性などが原因となって引き起こされます。

ぶどう膜炎

ぶどう膜とは、眼球の内側にある脈絡膜と毛様体、虹彩の三つをまとめて呼ぶ総称です。これらは眼球の中心部分を包み込むよう広がっています。なにかしらの原因でこれらの組織に炎症が起こることを「ぶどう膜炎」といいます。

原因

ぶどう膜炎にかかる原因は環境や人種などによって大きく異なりますが、日本人に多いとされるぶどう膜炎の原因には、サルコイドーシス、フォークト小柳原田病、ベーチェット病といった眼を中心に症状の出る病気のほか、強膜炎や急性前部ぶどう膜炎があります。また、細菌、帯状疱疹などのウイルス、カビ(真菌)、寄生虫などの感染や、糖尿病を原因としても発症することがあります。3分の1ぐらいの患者さんは、検査を受けても原因がはっきりしないと言われています。

症状

ぶどう膜に炎症が起こると、炎症細胞が眼の中に出てきます。眼の中は光が通るように透明ですが、この部分に炎症細胞が出てくることで、ゴミや虫が飛んでいるように見えたり(飛蚊症)、霧がかかって見えたり(霧視=むし)、光を眩しく感じたりします。
炎症が強い時は、眼が充血します。そのほか、眼痛や頭痛を伴うことがあります。また、一般的に充血は感染やアレルギーなどによる結膜炎で起こりますが、ぶどう膜炎が原因の充血は、結膜炎と違って目やにが出ないのが特徴です。

治療

眼の中に炎症が起こっている状態なので、それを抑える治療を行います。
最も多く使われるのはステロイド薬です。
強い作用があり、炎症の程度や場所によって、点眼、注射、内服などを使い分けます。また、免疫抑制薬や生物学的製剤などの特殊な治療薬を使用することもあります。感染が原因の場合は、抗生物質などそれぞれの病原に効く薬を使います。ぶどう膜炎は良くなったり悪くなったりをくり返し長引くこともあるので、定期的な通院が必要になります。治療中、急な変化を感じたときは、早めに受診しましょう。

その他の疾患

Others

眼精疲労(VDT症候群)

VDT症候群とは、パソコンなどのディスプレイ(VDT:ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)を使った長時間の作業により、目や身体や心に影響のでる病気で、別名 “IT眼症(がんしょう)” とも呼ばれています。
疲れ、痛み、乾燥感、霞み目、視力低下など、多彩な症状をきたします。

普段から以下のようなことに気をつけましょう

  • 1時間ごとに10~15分は休憩をとりましょう。
  • ときどき適度に身体を動かして、緊張をほぐしましょう。
  • メガネ、コンタクトレンズは度の合ったものを使いましょう。
  • 異常を感じたら、早目に眼科医に診てもらいましょう。

屈折異常(近視・遠視・乱視)

屈折異常には、近視・遠視・乱視があり、網膜にピントがきっちり合わない状態をいいます。

近視

角膜や水晶体というレンズの役割をしている部分の屈折力(光を曲げる力)が強い、もしくは眼球の長さが長いなどの理由で網膜よりも手前で焦点を結んでいる状態です。そのため、遠くを見た時にはピントが合いにくくなります。

遠視

角膜や水晶体の屈折力が弱い、眼球の長さが短いなどの理由で網膜よりも奥に焦点を結んでいる状態をいいます。軽度の遠視では遠くがよく見える場合もありますが、程度が大きくなるにつれ、ピントが合いにくくなります。

乱視

角膜や水晶体の縦方向と横方向の屈折力に差があることで、物を見た時に歪みを感じたり、二重に見えたりすることがあります。

治療

一般的な治療法は、眼鏡やコンタクトレンズを装用することです。
幼少期の屈折異常は視力が十分に発達しない(弱視)の原因となります。
視力は子どものうちにしか発達しないため、眼鏡などでしっかり矯正し視力の発達を促してあげる必要があります。
大人の場合も屈折異常は眼精疲労の原因となりますので、しっかりご自分にあった眼鏡を装用することが重要です。

斜視

ふつう、ものを見るときには両方の目が、見ようとするものの方向に向いています。ところが、片方の目が見ようとするものを見ているにも関わらず、もう片方の目が目標と違う方向を向く場合があります。これを斜視といいます。

治療

斜視の原因が遠視の場合には、通常、凸レンズのめがねをかけて、遠視を矯正します。時には調節を改善する目薬を用いることもあります。また、原因が遠視以外の場合には目の筋肉を調節する手術を行うことがあります。

弱視

こどもの目の発達には、ピントが合った状態でものを見ることが必要です。幼少期にたえずものを見る訓練ができなければ、視力の発達は押えられ、止まってしまいます。これを弱視といいます。
弱視とは、メガネやコンタクトで矯正しても、視力が出ない目のことを言います。裸眼視力が例え0.1であっても、メガネなどで矯正して1.0の視力が出れば、弱視とは言いません。

原因

弱視の原因としては斜視、遠視、不同視(左右の度数の差が大きい)や、中には生まれつき、白内障などの目の病気がある場合も弱視になる場合があります。

治療

弱視は3歳くらいまでに見つかると、なおる可能性は高くなります。
弱視をなおす方法としては、遠視が原因の場合には遠視用のめがねをかけます。メガネで矯正して網膜にピントをきちんと合わせ、鮮明な像を脳に送り、視機能の発達を促すことが治療の基本となります。
その他に左右の視力の差が大きい場合、いい方の目をアイパッチと呼ばれる大きな絆創膏のようなもの遮蔽して悪い方の目だけを使うようにする遮閉法という方法を行うことがあります。

脳梗塞、脳出血

目で感じた光や景色は、網膜を刺激し、その情報は、「視神経」を通って「大脳」に入り、「後頭葉」で処理されます。この信号の通り道を「視覚路」と呼び、頭の病気でどこかが障害されると、見えなくなったり、見える範囲が狭くなったり(視野障害)します。
脳卒中が起きると、「半身不随」、つまり右半身が動かなくなる、左の手足が動かなくなる、といった「片麻痺」の状態になることがあります。眼に症状が出る場合も同様で、「片側」に症状が現れます。つまり右眼も、左眼も、片側だけ見えにくくなる、片側の視野障害、「同名半盲」という状態になります。
治療は神経内科や脳神経外科での原疾患に対しての治療となりますが、眼科でも定期的に視野検査を行い経過観察していきます。一般的には一旦発症すると半盲などの視野異常が残存することが多いようです。 実際の生活では視野が狭くなった側で気が付かないうちに体をぶつけてしまったり、体を引っかけてしまったりすることが問題となりますので、残っている視野を有効に使えるよう、顔の向きを少し横に向け、体の正面に十分注意を払えるよう訓練を進めることになります。